iPhoneが水没!急いで応急措置!

grergea
iPhoneをうっかり水没させてしまった!そんなご経験はありませんか?その際に正しい対処法を行いましたか?私たちの生活の中でたいへん身近な存在ですが、ちょっとした衝撃や水分で故障してしまう精密機器です。防水機能を施しているスマートフォンも多いですが、残念ながらiPhoneには備わっていません。正しい応急措置をしなければ使い物にならなくなってしまう、そんなことになりかねません。

iPhone水没になりかねないシチュエーションとは?

海中、水中などに落としてしまったら故障してしまう可能性が高いことは、多くの方にご納得いただけることかと思います。しかし、水没には意外な盲点があるかもしれません。
というのも、完全に水中に落下するだけでなく、iPhoneはスピーカーの穴やSIMトレイなどの小さな隙間から水分が内部に達することで故障してしまうものです。つまり少量の水滴でも、そのかかりどころが悪ければ動かなくなってしまう可能性があります。
スキー場などに行く際も要注意です。プレー中に持ち歩く方も多いと思いますが雪も水分、雪の上に落としてしまうことが原因で故障してしまうかもしれません。またポケットに入れていて、外気との温度差でポケット内の湿度が高くなり、iPhoneの周りに水分が発生し、それが内部に入り込むことで水没してしまうこともあります。
水に関係するところへ行く際は、スマートフォンごと入れられるビニルケースなどを常備し、iPhoneに直接水が触れる可能性を極力少なくすることで、iPhone水没という悪夢を少しでも遠ざけましょう。

もし、水没させてしまったらどうすればいいの?

慌てないよう落ち着いてください。まずは水中からiPhoneを取り出してください。この時に絶対に機器を振ったりしないでください。余計に水分が機器内部に達することにもなりかねません。
次に、iPhoneの電源を切ってください。既に切っているものであればそのままで大丈夫です。切っているものであれば、間違ってもその状態で電源を入れないよう注意してください。水分を保持しているまま電源を入れてしまうと、重大な故障や腐食の原因になってしまうからです。

水分を乾燥させることがiPhone水没の救出策!

iPhoneを水中から救い出しただけでは安心できません。内部に入り込み故障させてしまう前に、水分を乾燥させる必要があります。
カバーやイヤホン、そしてSIMカードなどの付属品をすべて取り外してから、タオルなどで十分に水分をふき取りましょう。
乾燥剤と一緒にジップロックに入れ、パソコンの上などの少し温かいところに「故障しませんように」と祈りながら数日放置してください。冷蔵庫に入れるのも方法の1つです。
数日後、電源を入れてみて問題がなければ、応急措置の成功です!これで電源が入らなければ残念ながらiPhone水没ということですので、修理に出してください。
iPhoneの部品が壊れたらすぐに修理!
以上が、お使いのiPhoneを水没させてしまった時の応急措置です。ユーザーの皆様は水没させないよう、普段から注意して使用していると思いますが、どんな場合でも不慮の事態はつきものです。が、もし水中に落としてしまっても決して慌てないでください。応急措置がきちんとできれば、奇跡の復活を果たしたiPhoneも多いのです。あなたの迅速な応急措置で、大切なiPhoneを故障から守ることができるのです。
kuyilf

更新情報